女性は禁煙をすると様々な効果が期待できる

近年は女性の喫煙者が少なくありませんが、身体にとってデメリットしかないので早急の禁煙をおすすめします。
女性は男性より体型が小柄なので、よりタバコの害が大きくなりやすいです。
実際に禁煙することで免疫力やバリア機能が向上し、肌が安定したという声が多いです。
タバコには肌にとって悪いニコチンやタールなどの有害物質が含まれているので、喫煙することにメリットはありません。
喫煙するとストレスが解消するという方がいますが、一時的にそのように錯覚するだけです。

喫煙は副流煙の影響によって周りの人たちにも迷惑をかけてしまいます。
自分が喫煙する場合はタバコをフィルターごしに吸っているので、ニコチンやタールの害が軽減されています。
しかし周りにいる人たちはフィルターごしではなく、そのまま副流煙を吸い込んでいるでしょう。
つまり喫煙者本人よりも周りの人たちへのデメリットが大きくなるため、早急に禁煙するのが好ましいわけです。

禁煙することで食事がおいしくなった、寝起きがよくなって身体の調子がよい、運動時に息切れしにくくなった、などのコメントを聞きます。
将来的に妊娠を希望している女性は、体調管理のためにも早期の禁煙をおすすめします。
確かにタバコは嗜好品として優れていますが、有害物質を補給するデメリットは圧倒的に大きいです。
ニコチンとタールのデメリットを解消するためにビタミンサプリを飲んでいる方は多いですが、どのようなビタミンであっても相殺できないほどのデメリットがあります。

タバコは身体にとって百害あって一利なしなので、早期の禁煙をおすすめします。
生活習慣病を予防するのに効果的であり、特に動脈硬化を抑制するために役立つでしょう。
動脈硬化を予防することは血管を元気にして、心臓病や脳疾患を予防することができます。
健康と美肌をずっと維持するためにも、タバコは早急にやめる必要があるでしょう。
禁煙後は風邪をひきにくくなったという方が多いですが、これは身体本来の抗酸化作用が復活するためです。

妊娠中にタバコを吸うのは胎児によくない

タバコは妊娠中の女性自身やお腹にいる赤ちゃんにも悪い影響を与えます。
タバコの煙に含まれているタールやニコチンカドミウムなどの有害物質が多数あります。
それらが喫煙や副流煙によって体内に入ります。
タバコは体内のすべて臓器に影響を与えます。タバコの煙に含まれる発がん性物質は約60種類以上もあります。
妊娠中の喫煙は異所性妊娠と呼ばれる受精卵が子宮内膜以外の場所に着床してしまう症状を引き起こしてしまうリスクが約2倍にも高めてしまうのです。

他にはタバコを吸わない妊婦と比べて流産や早産のリスクも高くなります。
喫煙をするとお腹の赤ちゃんにとっても危険で、先天異常になるリスクもあります。
妊婦が喫煙をし続けるとニコチンや一酸化炭素などの有害物質により胎児にしっかりと栄養や酸素が届かなくなります。

またDNAの損傷、奇形になるリスクがあります。低出生胎児になる恐れも考えられます。
妊婦がタバコを吸っていなくても受動喫煙により赤ちゃんの出生が約35g~90程軽くなることが分かっています。
近年、医療技術の進歩で超低出生体重児の死亡のリスクが改善されてきていますが、普通は出生体重があまりに少ないと赤ちゃんの死亡のリスクが高くなります。
また自分が吸っていなくても、周囲に煙草を吸っている方いると副流煙の影響を受けてしまいます。

もしご家族でタバコを吸っている方がいるなら禁煙をしてもらうか自分の近くで吸わないように気を配ってもらいましょう。
ですが、禁煙することによりバリア機能や免疫力が上がり肌が綺麗になります。ですので、なるべく早く禁煙することが大切でしょう。
妊婦の方や妊娠していなくてもタバコをやめることで健康にもなりますし、肌もきれいになるので禁煙しみてはいかかでしょうか?

関連記事
アーカイブ
ページ上部へ戻る