アーカイブ:2018年 5月

タバコを吸っている人と吸っていない人ではがんになるリスクが大きく違います。タバコに含まれる約70種類の発がん性物質の影響によって肺がんや食道がん、胃がんなどさまざまな部位のがんの発症リスクを確実に高くしてしまいます。そのほかの部位で…

ページ上部へ戻る