禁煙の方法を紹介していきます

喫煙者であれば一度は禁煙を考えたことがある方も多いのではないでしょうか。
タバコの増税や喫煙スペースの減少など、肩身の狭い思いをしながらもタバコを吸う環境へと変化しています。
喫煙者の中には「やめたいと思ってはいるけどなかなかやめられない…」と思っている方、「やめようと思えばいつでもやめられる」と先延ばしにしながら毎日タバコとライターを忍ばせている方もいるはずです。
では、タバコをやめる方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

タバコを吸いたくなるのは何故?

煙草 喫煙者の中には「タバコをやめる」という強い意志があれば禁煙できると思っている方もいますが、実はそうではありません。
強い意志があったとしてもまたつい吸ってしまうのは、ニコチンの持つ依存症が原因だからです。

ではどのようにしてニコチン依存症になっているのでしょうか。
人間の脳にはニコチンが結合すると快感が生じる受容体があり、タバコを吸うとニコチンはこの受容体に結合し、快感を生じさせる物質であるドパミンやセロトニンが放出されます。
喫煙によって「なんだか落ち着く、ホッとする」といった感覚が得られるのはこの仕組みからです。

ニコチン依存から抜け出す難しさ

しかしこの感覚は30分もすると体内のニコチンが切れるのと同時になくなり、またこの快感を味わいたいと「もう1本」といったようにタバコに手を伸ばしてしまうのです。
またこれを繰り返すうちに体内のニコチンが切れると反対に「なんだかイライラする、落ち着かない」といういわゆる禁断症状が現れます。
この症状を解消するためにまたタバコを吸うようになり、ニコチン依存症になっていきます。
結果「やめたくてもやめられない」という状態に陥ってしまうのです。こうなると強い意志があってもタバコをやめることは困難になります。

ニコチンは依存性の強い物質であり、危険薬物のヘロインやコカインよりも依存の危険が高いといわれています。
つまりニコチン依存症になってしまうと、ヘロインやコカインをやめるのと同じくらい難しいことです。
お酒やコーヒーに含まれるアルコールやカフェインも依存性物質ですが、適量であれば健康に問題はないとされています。
タバコをやめることはアルコールやカフェインを断つこととはくらべものにもならないくらい難しいのです。

タバコは色々なデメリットがある

喫煙 タバコを吸うと「落ち着く、ホッとする」という快感を得られますが、その分さまざまなデメリットがあります。
まず誰もが頭に浮かぶのは健康被害ではないでしょうか。
タバコの煙には50種類以上の発がん性物質が含まれていて、イメージしやすい肺だけでなく、食道がんや胃がん、子宮頸がんなどさまざまながんを引き起こす可能性があることが分かっています。
がんだけでなくその他にも脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化などのリスクを高めることも分かっています。

さらにその害は喫煙者本人だけでなく、喫煙者の周囲にも影響が及びます。
火のついた先から立ち上る煙(副流煙)を吸ってしまうことで、がんのリスクやさまざまなリスクが高まってしまうのです。
自分の意思とは関係なく煙を吸ってしまうことを「受動喫煙」といいますが、知らず知らずのうちに周囲の人に害を与えてしまうという点もタバコのデメリットといえるでしょう。

タバコは美容面でも悪影響が出る

またタバコは健康だけでなく美容にも影響を与えます。
タバコを吸うと、ニコチンの影響で血管が収縮され、肌に酸素が届きにくくなってしまいます。
さらにニコチンはシミをできにくくしたり肌のハリに必要なコラーゲンを作る手助けをしたりするビタミンCをも壊してしまいます。
こうした影響により肌のハリが失われたり、しわやシミができやすくなってしまったりするのです。

このような肌トラブルに加え、唇の乾燥や白髪、歯や歯茎の変色、口臭などが見られ、「スモーカーズフェイス」と呼ばれています。
このような影響が出ると、実年齢よりも老けて見られてしまうということもあるかもしれません。
自分も周囲の人もいつまでも健康でさらに若々しくいるためにも、真剣に禁煙を考える必要があるのではないでしょうか。

電子タバコを試してみる

禁煙しようと思っても、禁煙外来や薬剤の使用はちょっと手が出しづらいという方も電子タバコなら気軽に活用できるのではないでしょうか。
電子タバコは煙状のものは出ますが、日本で販売されている電子タバコであればニコチンは入っていないので、健康被害は限りなくゼロに近いといえます。
最も手軽な禁煙パイポは煙が出ないので、それでは物足りないという方にもおすすめです。

電子タバコはさまざまな風味のリキッドが熱されて水蒸気化したものを吸い込むというものです。
実際にニコチンやタールを吸うわけではありませんが、大量の水蒸気を吸って吐くことでタバコを吸っているのと似たような感覚があり、通常のタバコから移行しやすいのが特徴です。
リキッドの種類はタバコに似せたものからミント風味やチョコレートなどのお菓子の風味など様々なものがあります。
いろいろ試して好みのものを見つけたり、気分によってリキッドを変えたりなどといった楽しみ方もできるのではないでしょうか。

ただし、タバコに近いものを吸いたいと思ってタバコ風味のものを選んでも、噴霧に使用するための添加物は甘いものが多く、普通のタバコの風味にはなりません。
あくまでも「タバコ風味」のため、多少の違和感があることは覚悟したうえで活用する必要があります。
またニコチンが入っていないということは副流煙の心配もなく、吸うことができます。周囲の人に害を与えることなく吸えることもメリットの1つです。

ただしニコチンが入っていないとはいえ禁煙スペースでの使用は禁止されているところが多いので、外出先等で使用する際のマナーには注意が必要です。
ニコチンが入っていないので、ニコチン依存症に陥ってしまっている場合には難しいかもしれません。
習慣的にライターで火を点けてしまっている、口が寂しくなったら何となく吸ってしまっているという方には減煙・禁煙につながる方法として活用できるのではないでしょうか。

禁煙補助薬を使ってみる

電子タバコ 禁煙補助薬とは体内からニコチンが切れた際の「なんだかイライラする、落ち着かない」といういわゆる禁断症状を現れにくくすることで、禁煙を続けやすくするものです。
禁煙補助薬を使うことで禁煙を比較的楽に、そして確実にすることが可能になります。
こちらはニコチン依存症の方には電子タバコよりも本格的な禁煙方法で効果が出やすいのではないでしょうか。
禁煙補助薬には、ニコチンを含まない飲み薬、ニコチンパッチと呼ばれる貼り薬、ニコチンを含んだガム状のものの3種類があります。

ニコチンを含まない飲み薬は、飲むことによって少量のドパミンやセロトニンなどの快感を生じさせる物質を放出させます。
これによってタバコを長時間吸っていないときに起こるイライラなどの禁断症状を軽くさせる効果があります。

この飲み薬には飲むだけなので簡単、また一定条件を満たせば健康保険等も使えるというメリットがあります。
またニコチンパッチと違って肌の弱い人でも使えますし、接客などの仕事の問題や、歯やあごの問題でガムを噛めない人でも使えるという特徴も挙げられます。

ニコチンパッチやガムの使い方

ニコチンパッチは、ニコチンを含んだ貼り薬です。
1日1回、腕やおなか、背中などに貼ることで、皮膚からニコチンを吸収させるものです。
医師の処方があれば健康保険等も使えますし、薬局で購入することも可能です。
貼り薬のため人に気づかれず治療することができるという特徴があります。

ニコチンを含んだ薬剤としてはガム状のものもあります。ガム内にニコチンが含まれており、口の粘膜から吸収させるものです。
吸いたくなったらタバコの代わりに使用をし、使用量を徐々に減らしていくことで禁煙につなげていきます。
こちらは薬局で買うことができますが、健康保険等は適用されません。ほかの補助薬と違って口寂しさを補うことができる点が特徴です。

禁煙外来を利用すると、医師が喫煙歴をきちんと把握した上で、禁煙補助薬の処方から治療の経過も見守ってもらえます。
禁煙補助薬をどう使っていいかわからない、効果的に使いたいという場合は一度相談してみるのもいいのではないでしょうか。

ページ上部へ戻る